感情のない人生のコラム http://ericvancewalton.com My WordPress Blog Tue, 04 Oct 2016 23:47:52 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.8 オフィスレイアウトにおけるデザイン-家具や空間 http://ericvancewalton.com/?p=25 http://ericvancewalton.com/?p=25#respond Thu, 29 Sep 2016 23:45:46 +0000 http://ericvancewalton.com/?p=25 使いにくい道具を使うほど、仕事がはかどらないことはありません。

同様に、オフィスレイアウトやデザインを考えるときに、そこで働く人々がいつも使用することになる家具の選定に重きを置くのは大切なことです。

仕事の効率ややる気にも影響を与えてしまう可能性があるからです。

また、働く人にとって、「第二の住まい」となる場所ですから、空間に落ち着きなり、温かみなり、心地よさを演出できるよう、空間に統一感を出すことも良いことです。

特に管理部門などで働く人々は、オフィスで多くの時間を過ごすことになります。

そのことを考えると、オフィスレイアウトにおいての家具選びは、デザイン性は大切ではあるものの、使いやすさが重視すべき項目となります。

働きやすさを考えてのオフィスレイアウトは、基準を決めておかないと、予算が膨らみがちです。

限られた予算の中で、何に重きを置くかを決めておくは大切です。

たとえば、座っていて疲れにくい椅子には予算を投じ、他のものは残った予算内で考えるなどの方法です。

また、仕事の内容により、オフィスでの在席率等が異なりますから、家具選びの優先順位が異なる場合があります。

冒頭で述べたとおり、オフィスレイアウトにおいて、居住空間にデザインの統一感を出すことも大切です。

それは、働く人への配慮とともに、企業を訪れる人々の印象にも影響を与えるからです。

オフィスレイアウトの費用について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

デザインの統一感は、一括コーディネートされたものを選ぶことで解決できる場合もあります。

]]>
http://ericvancewalton.com/?feed=rss2&p=25 0
オフィス移転を安心して任せられる業者を探すには http://ericvancewalton.com/?p=21 http://ericvancewalton.com/?p=21#respond Fri, 26 Aug 2016 04:18:02 +0000 http://ericvancewalton.com/?p=21 事業を行っていると、自社やまわりの情勢やあるいは世のなかの動きなどにより、自分たちの戦略を臨機応変に変えていかなくてはなりません。

責めるばかりではなく、一度後ろへ一歩下がる勇気も時には必要になります。

実際のところ、事業運営をしていてオフィス移転というのは自社ビルではない限り、
常に手段のひとつとして活用するべきだといってもいいでしょう。

事業規模が大きくなり、売り上げが上がれば当然忙しくなるので人でも従来より必要になり、そうなると手狭になります。

また逆に事業規模を縮小する場合もありますので、
そんな時には今までの広さでは無駄が増え、経費削減が重要視される昨今、
急いで対策を打つことが必要です。
オフィス移転費用は重視しなければなりません。

オフィス移転は一般家庭の引越しのようにはいきません。
規模があまりにも違うことは当然ですが、
企業である以上は運ぶものはデスクやチェアといったオフィス用家具だけではなく、
企業の命綱といもいえるソフト部門を安全確実に移転させなくてはならないという暗黙のルールがあります。

それでなくともコンプライアンスには誰もが過敏になっている昨今ですので、万が一にもセキュリティーの事故など、情報関係は命がけでも守らなくてはなりません。

そういうわけで、オフィス移転を依頼する業者選びは非常に重大事項です。

オフィス移転を専門に手掛けている業者であるのはもちろんですが、
それ以外にも豊富な経験と実績、そして確かな評判のところを選びたいものです。

経験のある知人がいない場合には、
インターネットの口コミサイトなどでしっかり下調べをし、
まずは無料の見積もりを依頼し、直接話してみることがおすすめです。

できれば数社に依頼し、そのなかから安心して任せられるところを選ぶとよいでしょう。

]]>
http://ericvancewalton.com/?feed=rss2&p=21 0
オフィスレイアウトの費用削減の限界とは http://ericvancewalton.com/?p=17 http://ericvancewalton.com/?p=17#respond Tue, 26 Jul 2016 09:28:06 +0000 http://ericvancewalton.com/?p=17 オフィスレイアウトの費用を削減にも限度があります。狭い面積に多くの社員を配置することいは問題があります。

通路でスムーズにすれ違うことができないようなオフィスレイアウトでは、業務も滞りがちになります。

オフィスレイアウトに必要なスペースは、1人あたり2坪だと言われています。

1坪約3.3平方メートルなので、30平方メートルのオフィスでは5人~7人が限界ということになります。
デスク周りには少なくとも1200mmx1350mmが必要ですし、通路を余裕を持って歩くには800mmほどの広さが求められます。

また、2人がすれ違うには最低でも1000mm、互いに歩きながらスムーズにすれ違うには1350mmがほしいところです。

一見簡単に見えるオフィスレイアウトは、かなり複雑なので専門業者に依頼することも多くなっています。

オフィス移転の費用がどれぐらいかかるか悩むところですが、複数のレイアウト会社に見積を依頼するとレイアウトの提案までを含めて無料という業者が増えてきているので、利用すると便利です。

その中から、レイアウト提案や予算や費用を見極めたうえで選ぶと納得のいくオフィスレイアウトにつながります。
変更に伴う費用を抑えるポイントが2つあります。1つ既存の備品を使う、面積を有効に使える対向式レイアウトにすることです。

既存の備品を使えば新しいコストは掛かりませんし、面積を有効に使える対向式であれば、多くの社員が1つのオフィスで働けます。

働きやすいオフィスは、社員同士のコミュニケーションの活発化や業務効率の向上につながります。

]]>
http://ericvancewalton.com/?feed=rss2&p=17 0
デザイン力のあるオフィス移転業者の利用について http://ericvancewalton.com/?p=13 http://ericvancewalton.com/?p=13#respond Tue, 28 Jun 2016 09:36:07 +0000 http://ericvancewalton.com/?p=13 会社運営を行っている方であれば、会社の規模を大きくしたり、場所的な部分から利便性の高いエリアにオフィス移転を考えるような

場面があります。

どのようなことが原因となっても、移転する場合では、特に現在では簡単に移動することが難しい場面が見られます。

例えばオフィス家具やあらゆる物品の移動だけでも大変な作業になってしまうことが多い傾向にありますが、
現在ではパソコンを用いてインターネット環境を持っている会社が一般的になるので、その処理を含めて素人では簡単に引っ越しすることができないと判断してしまうケースも見られます。

この場合では、やはりオフィス移転を本業としているプロの業者に任せる方法で、
非常にスムーズにオフィス移転を行うことができます。

専門業者の場合では、一般的な引っ越し作業の他にもネットワークのインフラ環境にも対応していることが前提です。

その際にはオフィス全体のデザインまで配慮した引っ越しを行うことも不可能ではなく、専門業者によっては、
間仕切りやエントランスのカウンターなど、オフィス環境に合わせたデザイン力を発揮しているものを利用することができます。

オフィス移転を単に荷物の移動と考えることだけではなく、レイアウトなどを専門業者と共に考えていく方法で、非常に使い勝手の良いオフィス環境を得ることができます。

オフィス移転業者に関しては、インターネット上から検索することもでき、優れたデザイン力を持つ会社を見つけることができます。

]]>
http://ericvancewalton.com/?feed=rss2&p=13 0
オフィス移転にかかる費用と業者選びについて http://ericvancewalton.com/?p=9 http://ericvancewalton.com/?p=9#respond Wed, 01 Jun 2016 01:50:19 +0000 http://ericvancewalton.com/?p=9 オフィス移転の費用には次のようなものが挙げられます。まず移転先のオフィスにかかる内

装工事費、通信工事費や新たに買い替えるオフィス家具やOA機器代などです。

これらの金額は移転先となるオフィスの広さや、これまで使って来たオフィス家具やOA機器をどの程度買い替えるかによっても変わって来ます。

また、オフィス移転後の原状回復にかかる工事費や、
オフィスを移転する際の引っ越しにかかる費用も考えておく必要があります。
オフィスを移転することが決まった場合は、オフィス移転を業者に依頼する方法がおすすめです。

業者に依頼することで移転先となるオフィスの選定から現在のオフィスの原状回復まですべての作業を一括してやってもらえるので、
やりとりもスムーズに行えますし個別に別の業者に依頼するよりも移転にかかる費用を抑えることが出来ます。

また、オフィス移転にかかる費用は依頼する業者によっても大きく変わる場合があります。

こうしたことから移転作業を業者に依頼することを決めたら、出来るだけ多くの業者に見積りを依頼してよく比較した上で選ぶようにする方法がおすすめです。
複数の業者に見積りを依頼する際には、インターネットのオフィス移転の一括見積りサイトを利用する方法があります。

必要事項を入力するだけで1度に複数の業者から移転にかかる費用の見積りを出してもらえるので、あとは見積りを比較するだけで最もお得に依頼出来る業者を選ぶことが出来ます。

]]>
http://ericvancewalton.com/?feed=rss2&p=9 0
退去するだけでも費用がかかる賃貸からのオフィス移転 http://ericvancewalton.com/?p=5 http://ericvancewalton.com/?p=5#respond Thu, 28 Apr 2016 12:02:30 +0000 http://ericvancewalton.com/?p=5 起業を心ざす人が多くなったことによって、小企業が多く見られる世の中になりました。そういった小企業はうまく事業が成立するようになってくると規模を拡大することになり、

オフィス移転を考えるようになります。

 

事業を始める際の経費を抑えるために、

個人が起業した小企業の場合にはオフィス物件を賃貸しているということが一般的であり、

オフィス移転に際してはその処分が必要になります。

 

賃貸物件を返す際には原状回復義務が課せられますが、

それに莫大な費用がかかってしまうという視点を欠いていることが多々あります。

個人でマンションの一室を借りている場合よりも、

よりシビアな原状回復を求められることが多いため、

業者を入れて徹底的な撤去作業やクリーニングが必要になるのが一般的だからです。

 

そのため、事業が成功してきた際には十分な予算を確保できてからオフィス移転を考えることが必要になります。

移転先を確保するだけの予算では不十分であるということを承知のうえで移転を行わなければもともとのオフィスを返却できない状態になってしまい、二重で家賃を支払っていかなければならなくなる可能性もあるでしょう。

 

賃貸しているオフィス物件からはただ退去するだけでも費用がかかるということに留意しておくことがオフィス移転を行う上で欠かせない視点であり、

特に小企業から出発して初めて移転を考えた際にはオフィス移転の費用の大きさについての十分な認識を持つことが大切です。

]]>
http://ericvancewalton.com/?feed=rss2&p=5 0