オフィスレイアウトの費用削減の限界とは

オフィスレイアウトの費用を削減にも限度があります。狭い面積に多くの社員を配置することいは問題があります。

通路でスムーズにすれ違うことができないようなオフィスレイアウトでは、業務も滞りがちになります。

オフィスレイアウトに必要なスペースは、1人あたり2坪だと言われています。

1坪約3.3平方メートルなので、30平方メートルのオフィスでは5人~7人が限界ということになります。
デスク周りには少なくとも1200mmx1350mmが必要ですし、通路を余裕を持って歩くには800mmほどの広さが求められます。

また、2人がすれ違うには最低でも1000mm、互いに歩きながらスムーズにすれ違うには1350mmがほしいところです。

一見簡単に見えるオフィスレイアウトは、かなり複雑なので専門業者に依頼することも多くなっています。

オフィス移転の費用がどれぐらいかかるか悩むところですが、複数のレイアウト会社に見積を依頼するとレイアウトの提案までを含めて無料という業者が増えてきているので、利用すると便利です。

その中から、レイアウト提案や予算や費用を見極めたうえで選ぶと納得のいくオフィスレイアウトにつながります。
変更に伴う費用を抑えるポイントが2つあります。1つ既存の備品を使う、面積を有効に使える対向式レイアウトにすることです。

既存の備品を使えば新しいコストは掛かりませんし、面積を有効に使える対向式であれば、多くの社員が1つのオフィスで働けます。

働きやすいオフィスは、社員同士のコミュニケーションの活発化や業務効率の向上につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *