オフィスレイアウトにおけるデザイン-家具や空間

使いにくい道具を使うほど、仕事がはかどらないことはありません。

同様に、オフィスレイアウトやデザインを考えるときに、そこで働く人々がいつも使用することになる家具の選定に重きを置くのは大切なことです。

仕事の効率ややる気にも影響を与えてしまう可能性があるからです。

また、働く人にとって、「第二の住まい」となる場所ですから、空間に落ち着きなり、温かみなり、心地よさを演出できるよう、空間に統一感を出すことも良いことです。

特に管理部門などで働く人々は、オフィスで多くの時間を過ごすことになります。

そのことを考えると、オフィスレイアウトにおいての家具選びは、デザイン性は大切ではあるものの、使いやすさが重視すべき項目となります。

働きやすさを考えてのオフィスレイアウトは、基準を決めておかないと、予算が膨らみがちです。

限られた予算の中で、何に重きを置くかを決めておくは大切です。

たとえば、座っていて疲れにくい椅子には予算を投じ、他のものは残った予算内で考えるなどの方法です。

また、仕事の内容により、オフィスでの在席率等が異なりますから、家具選びの優先順位が異なる場合があります。

冒頭で述べたとおり、オフィスレイアウトにおいて、居住空間にデザインの統一感を出すことも大切です。

それは、働く人への配慮とともに、企業を訪れる人々の印象にも影響を与えるからです。

デザインの統一感は、一括コーディネートされたものを選ぶことで解決できる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *